コラーゲンはビタミンCと一緒に摂るのが大事

コラーゲンドリンク飲み比べ > ビタミンCとコラーゲンを摂る

コラーゲンとビタミンCがコラーゲンを作る

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取が鉄則

コラーゲンドリンクやサプリにビタミンCがよく含まれています。

それはビタミンCがコラーゲンの合成を助けるからです。そのため、ビタミンCが含まれていないコラーゲンドリンクやサプリにはビタミンCを一緒に摂取することが大切です。

ビタミンCは私たちの身体の中からはつくられないため、常に摂取する必要があるのはご存知ですよね。

またビタミンCは美白や美肌に効果があるとされ、化粧品にも良く含まれています。ビタミンCが美肌に効果があるのはいわずと知れていること。

そして食べ物などで身体の中にビタミンCをいれることでコラーゲンの合成を助けてくれます。

コラーゲンはたんぱく質の一種。カルシウムを摂取してもそれがそのまま骨にならないように、コラーゲンもそのまま肌の弾力の元にはならないんです。

コラーゲンもたんぱく質も胃や腸でアミノ酸に分解され、小腸で吸収→肝臓に運ばれていき、さらにその一部がエネルギーとして消費され、一部がコラーゲンになったりたんぱく質となったりします。

なのでコラーゲンをたくさん摂取したからといって、たんぱく質の摂取が不足しているとコラーゲンの合成に使われず、たんぱく質として補われてしまいます。コラーゲンは他の食事から摂取したたんぱく質のアミノ酸を材料にして合成されます。

コラーゲンを美肌目的で摂るにはたんぱく質とビタミンCの摂取は必須

よく、コラーゲンは10,000mgなどとコラーゲンの含有量が記載されていますがあれにもちゃんと理由があるんです。

せっかく摂ったコラーゲンも古くなると分解されていき、
25歳を過ぎた私たちの身体からは毎日2gものコラーゲンが消費されているんです。
そのため コラーゲンは常に摂取して新陳代謝の良い状態にしておく必要があります。

すでに消費されまくっているコラーゲンを元の状態に戻すのに2gと考えると、肌の弾力を取り戻したいなんて考えたら明らかに1日2gでは足りないというのがわかりますよね。

コラーゲンサプリやドリンクを飲むときはビタミンCと一緒に

そういうわけで、コラーゲンの美肌効果を実感するには、1日2g以上のコラーゲンを摂ることも大事ですが、たんぱく質とビタミンCも摂っておくことが重要です。

バランスよく食事をしていてからこそ成り立つ美肌なので、やはり普段の食事をおろそかにしてコラーゲンだけせっせと摂っても美肌は望めないということがわかったとおもいます。

ビタミンCもコラーゲンと同じく消費されてしまう栄養素です。

果物などで補うのはもちろん、サプリやドリンクでも補うことが大事ですね。

ビタミンCといえば、芸能人やモデルさんの間で高濃度ビタミンC点滴が流行っています。
IKKOさんや山本モナ、モデルの美香やSONOMI、三浦リサ子や富田リカといった人たちが定期的に高濃度のビタミンC点滴をクリニックで受けています。

高濃度のビタミンCを点滴することによって美肌効果はもちろん、シミの予防、 さらには抗がん剤の副作用を抑えるといった効果もあるため、医療目的としても注目されています。

口から摂取するのではなく点滴によって直接血液に流すことによって全身にビタミンCがいきわたるため、ビタミンCの活性酸素の除去効果で疲労回復にもつながるそうです。

お肌の曲がり角といわれる25歳をすぎてからは表面の肌だけでなく内面からも美要素を取り入れていくべきなのかも。

30歳を過ぎてから本当にお肌の曲がり角を感じていますが、インナービューティーもかなり意識して肌にもいいものを口からも摂取していく必要がありますね。

このページトップへ

人気コラーゲンランキング

すはだ美ジュレ
すはだ美ジュレ
ふかひれコラーゲン。
ゼリータイプで食べやすく、 ツバメの巣入り。
すっぽん小町
すっぽん小町
すっぽんコラーゲン。
とにかく飲みやすく 内側から元気になれます。
コラーゲン3000・6000
コラーゲン3000・6000
豚由来コラーゲン。
梨花ちゃんご愛飲で有名 ヒアルロン酸入り。
項目別ランキングへ

コラーゲンをもっとよく知る